フードビジネス・飲食業界の最新情報サイト

STORY

【注目のコラボ|新潟タレカツ×新潟ラーメン】関東初出店!!新潟の5大ラーメンの1つ濃厚味噌ラーメン「元祖新潟濃厚味噌 東横」と新潟タレカツ専門店「潟食」が初コラボ!新潟の味を東京でも!!

この記事の読了時間は約5分です。

皆様は、新潟5大ラーメンと言われるほど、新潟には地域独特のラーメン文化があるのをご存知でしょうか?東京・府中市場にある新潟タレカツ専門店「潟食(かたしょく)」では、新潟5大ラーメンの1つと言われる濃厚味噌ラーメンの名店「元祖新潟濃厚味噌 東横」のラーメンを提供中です!
今回は、新潟のラーメンの魅力を伝えるべく、「潟食」と濃厚味噌ラーメンの名店「元祖新潟濃厚味噌 東横」がコラボ企画を実施中。その魅力をご紹介します!
東京・府中で新潟「元祖新潟濃厚味噌 東横」のラーメンを味わうことができるチャンスです!

コラボ概要

東京・府中市場にある新潟タレカツ専門店「潟食(かたしょく)」では、新潟5大ラーメンの1つと言われる濃厚味噌ラーメンの名店「元祖新潟濃厚味噌 東横」のラーメンを提供中。
潟食は、「新潟の食の魅力を伝えていく」をコンセプトに新潟タレカツの専門店として2022年7月にオープン。以来、府中の地域の皆様や府中市場に足を運んだお客様に、新潟のタレカツに始まり、お米や日本酒など様々な新潟の食の魅力や美味しさを日々お伝えしています。
皆様は、新潟5大ラーメンと言われるほど、新潟には地域独特のラーメン文化があるのをご存知でしょうか?今回は、その新潟のラーメンの魅力を伝えるべく、「潟食」と濃厚味噌ラーメンの名店「元祖新潟濃厚味噌 東横」がコラボ企画を実施中。
東京・府中で新潟「元祖新潟濃厚味噌 東横」のラーメンを味わうことができるチャンスです!

潟食×東横のコラボ

※「潟食」の紹介記事はこちら

https://biz-hibana.com/fucyu-katasyoku/

新潟5大ラーメンとは

実は新潟はラーメンの激戦区であることをご存知でしょうか。5大とは、新潟市の繁華街・古町を中心とする「古町あっさり醤油」、一大金属加工業地域である燕市に根付く「燕背脂醤油」、洋食器のまち三条市には「三条カレーラーメン」、雪と大花火大会で有名な長岡市の「長岡生姜醤油ラーメン」、そして「新潟濃厚味噌ラーメン」。
この「新潟濃厚味噌ラーメン」の元祖が「元祖新潟濃厚味噌 東横」です!

(出典:公式HPより https://www.touyoko.jp/

「元祖新潟濃厚味噌 東横」とは

東横は昭和58年に現在の新潟市中央区南笹口にオープン。そして平成13年に紫竹山に本店として移転。そのときの初代が味の追求を続けた末にたどり着いた、濃厚な味噌ラーメン。味噌ダレの濃さゆえにラーメンを専用スープで割るのも「東横の味噌ラーメン」の特徴です。
(出典:公式HPより https://www.touyoko.jp/

東横の味噌ラーメン

「元祖新潟濃厚味噌 東横」のこだわり

味噌ダレ

新潟の味噌ラーメンとして新潟でしか食べられない旨い食材にこだわり、100年以上続く、新潟の老舗味噌蔵の味噌を独自にブレンドした、秘伝の特製味噌ダレを使用。地元新潟で食の歴史とともに培われた米味噌「越後味噌」は、鮮やかな赤色と塩度の高い辛口が特徴です。これが最高の一杯を目指すこだわりの種なのですね。

濃厚スープ

当時は濃厚という概念がなかったところに、先代が考案したのが、濃い味噌ダレの味に負けない「濃厚スープ」何度も何度も試行錯誤しながら完成した、長時間煮込んで作られる濃厚スープは先代が追求してきたこだわりが詰まっています。

また、味噌ダレの濃さゆえにラーメンを専用スープで割る「清湯スープ」。このスープは、美味しく食べていただくために作っている「割るため専用」のスープだそう。まずは割らずにそのまま味を見てみたり、冷めてきたり、しょっぱいと感じるときには好みで少量ずつ確認しながら割っても。楽しみ方はお客様次第。
(出典:公式HPより https://www.touyoko.jp/

自家製の極太麺

濃いスープにも負けない存在感を持ち、スープと共存できる麺が必要。何度も試行錯誤を重ね先代が行きついた答えが極太麺、多加水、ストレート麺という形です。進化を重ね続け、小麦粉だけでなく新潟県産コシヒカリの米粉やタピオカ粉なども配合し、従来の概念にとらわれない究極の一杯を目指した麺づくりをしています。
(出典:公式HPより https://www.touyoko.jp/

潟食×東横のコラボの特徴

本場の「元祖新潟濃厚味噌 東横」の味を東京・府中で味わうことができます!
「東横のラーメン」と「潟食のタレカツ」をセットで販売中!
新潟の美味しさの良いとこどり!新潟のラーメン×新潟のタレカツの両方の味を楽しめるのは「潟食」だけです!

潟食×東横のコラボ

お知らせ

潟食では、「新潟タレカツ」「東横のラーメン」を常時ご提供しています。

その他、持ち帰り弁当「潟弁」おにぎりの販売も実施しています。
UberEatsでデリバリー注文も可能です。

ぜひ、お店でもご自宅でも新潟グルメをご家族みんなでお楽しみください!
ご利用お待ちしております。

潟弁

店舗情報の紹介(基本情報)

店名:潟食(かたしょく)
住所 :〒183-0025 東京都府中市矢崎町4丁目1 大東京綜合卸売センター第5通路
アクセス:南武線/武蔵野線 府中本町駅から徒歩15分
電話 :042-318-0853
営業時間:
[月・火・木・金・土・日・祝日] 8:00〜19:00
定休日 :水曜日
席数 :10席(フードコートあり)
客単価 :1000〜2000円
運営会社:潟食(かたしょく)
オープン日:7月7日
関連リンク(公式サイト):https://katasyoku.com
関連リンク(食べログ):https://tabelog.com/tokyo/A1326/A132602/13274284/
関連リンク(SNS)
Instagram:https://www.instagram.com/katasyoku_ichiba/
Twitter:https://twitter.com/katasyoku_iciba

【ROD teams】
フードビジネス専門の
総合マーケティング支援
ご相談はこちら ▶︎▶︎▶︎

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
hibana

hibana

フードビジネス応援メディア

【フードビジネス応援メディア】飲食業界の最新情報・飲食トレンド・マーケティング・飲食DX・店舖事例・SDGsという6つのテーマを中心にフードビジネス・飲食業界に特化したビジネス情報を提供をしているメディア。飲食ビジネスの現場で実際に得た知識やノウハウを発信していきます。

  1. 【ROD MARKETING】マーケティング・広報業務のサポートサービスをご提案します

  2. 【hibana|フードビジネス応援メディア】6月のおすすめ記事紹介!!(6/15更新)

  3. 【特集|サンライズロード】神楽坂の人気イタリアンがハンバーグ専門店&カラメルアイス販売の新事業に挑戦!

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

RELATED

PAGE TOP