フードビジネス・飲食業界の最新情報サイト

TAG LIST

店舗事例

【飲食店コラボ事例】飲食店×アートで新たな空間づくりに挑戦!!吉祥寺の肉バル『金のバル SALVA-サルヴァ-』でイラストレーターの個展開催中!

吉祥寺の肉バル『金のバル SALVA-サルヴァ-』とアートコミュニティ『current(カレント)』がコラボし、イラストレーターの個展を開催中です。コロナ禍で飲食店の集客が厳しくなる中、店舖の空きスペースを活用した『異業種コラボ』で新しい店舖の可能性を見つけようとしています。

イラスト展示により店内の空間が変化し、来店されるお客様の印象も変わります。展示されているイラストレーターの作品を見に来られる方の店舖利用もあり、集客に貢献。イラストレーターの作品が飲食店に展示されることで、鑑賞してもらう新たな機会が創出され、クリエイターのモチベーション向上に繋がります。

今回のコラボにより「飲食店」、「クリエイター」の各課題を補い、新たな価値を生み出し始めている今後注目の飲食店のカタチとしてご紹介させて頂きます。

吉祥寺駅からスグ!肉バル『金のバル SALVA-サルヴァ-』

金のバル SALVA-サルヴァ-

吉祥寺駅南口から徒歩1分のところにある『金のバル SALVA-サルヴァ-』。階段をのぼって2階の店舗に入ると、駅前の喧騒がウソのような落ち着いた空間が広がっています。少人数から団体様まで全て個室対応可能な、都会の隠れ家的肉バルです。

扉付き完全個室を完備

歓迎会や送別会、女子会、誕生日会などに最適な扉付き完全個室を完備。プライベートな個室空間でお料理やお酒をゆったりと楽しめます。

席数100席・最大80名程度の大型パーティーの開催も可能

広々と利用できるソファー席もあり、大型宴会にも対応しています。店内の清掃・消毒の徹底と、定期的な換気を実施しているので、安心してくつろぐことができます。

総重量400g以上「Specialグリルプレート」自家製サルシッシャ・ランプステーキ・美桜鶏のグリルステーキ盛り合わせ

SALVA自慢の『Specialグリルプレート』は、自家製サルシッシャ、ランプステーキ、美桜鶏のグリルステーキが盛り合わされた、なんと総重量400g以上の贅沢な逸品です。

SALVA特製シーフードパエリア

また大人気なのが『SALVA特製シーフードパエリア』。新鮮な海鮮がたっぷりと入った、見た目も豪華でコクのある風味豊かな絶品です。テーブルに置かれた瞬間に魚介の香ばしい香りがフワッと広がり、誰もが笑顔になってしまう一押しメニューとなっています。

吉祥寺『金のバル SALVA-サルヴァ-』とアートコミュニティ『current(カレント)』がコラボし、イラストレーターの個展を開催中!

店内にはイラストレーターの作品が展示されている

これまで店内の壁には何も飾っていなかったというSALVA。「このコラボレーションをきっかけに店内の雰囲気が華やかになった」と、SALVA料理長の熊谷さんは話しました。ご来店されるお客様の反応も好感触と感じており、イラスト作品を飾る前よりもsalvaの空間と料理を楽しんでくれているお客様が増えているそうです。

SALVA料理長 熊谷さん

展示会を機に、イラストを描かれた方が友人や知人を連れてお店に訪れ、その結果店舖の売り上げも伸びたといいます。普段お店との接点が薄かった、新しい客層の獲得が出来たのです。

current(カレント)代表 大原さん

current(カレント)代表の大原さんは、「SNSで今回の個展の情報を発信してより多くの人に展示を見てもらえるきっかけになれば」と考えています。

もともとイラストレーターだった大原さん。夢は個展を開くことでしたが、集客の面や作品数の点でどうしても難しい状況だったそうです。そこでグループ展という形を思いつき、作品数が少なくても展示できるようにしました。さらに飲食店で開催することで、自分の作品を観る為に来たわけではない人々にも、作品を観てもらえるチャンスだと考えました。

展示作品の一例

コロナ禍で飲食店への客足が減る中、こうしたコラボレーションは相乗効果を生み出し、飲食店とクリエーター両方がメリットを得る結果となりました。

取材当時、ワインをテーマにした個展を開催していました

SALVAの内装がシックでオシャレなこともあり、作品のレイアウトもスムーズに運んだといいます。

今後はSALVAの立地の良さを活用して、お客様がふらっと立ち寄れるよう外に展示の告知看板の設置を検討しているようです。

コロナ前には当たり前のように開かれていた飲み会や食事会が激減し、飲食店から足が遠退く日々が今もまだ続いています。SALVA(サルヴァ)とcurrent(カレント)はそんな状況を打開するべく、新たなコラボレーションに挑戦し続けるようです。

展示作品の一例

SALVAからのお知らせ

『金のバル SALVA-サルヴァ-』では、定期的なイラストレーター個展を開催中!(取材当時はワインをテーマにした作品を展示中)落ち着いたオシャレな店内で、ゆったりと作品鑑賞してみてはいかかですか?吉祥寺に訪れた際は、ぜひお立ち寄りください。

店名:金のバル SALVA -サルヴァ- 吉祥寺店
住所 :東京都武蔵野市吉祥寺南町1丁目1−3 イケダビル 2F
アクセス:吉祥寺駅南口徒歩30秒
電話 :0422-26-8981
営業時間: 
[月~金・祝前日] 15:00~25:00
[土]       12:00~25:00
[日・祝日]    17:00~25:00
定休日 :無休
席数 :100席
客単価 :3500円
運営会社:株式会社フィラーズ
オープン日:2019年5月
食べログ:https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13233634/
関連リンク(SNS):instagram https://www.instagram.com/salva__kichijoji/

current(カレント)からのお知らせ

currentでは展示スペースを提供していただける飲食店を募集中!
どうぞお気軽にお問い合わせください。

current/カレント
current(カレント)には《現在-イマ-》という意味があります。
日々変化・成長していくあなたの《イマ》のアートをお見せください。

currentはジャンルを問わず様々な企業と提携し、クリエイターとつなぐことでクリエイターの活動の幅を広げていきます。また、展示会の企画・運営やグッズ制作代行を通して、作品がより多くの人の目に触れる機会を作り出します。

クリエイターひとりひとりの『これまで』と『これから』を結ぶ拠点となり、『イマ』から『ミライ』へのお手伝いをさせていただくコミュニティです。

公式サイト:https://www.current-art.com/
関連リンク(SNS):instagram https://www.instagram.com/current_artcommunity/

hibana.photo
フードビジネス専門の出張写真撮影サービス

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
mayuko togashi

愛知県出身、東京都在住。写真家・フォトグラファー。 某出版社のカメラマンアシスタント→某デザイン事務所の専属カメラマン→某グルメサイトのカメラマンを経て、現在フリーで活動しております。現在、カメラマン兼ライターとして活動しています。

  1. 【2022年4月ニューオープン!】 『人々の心にグリーンなエネルギーを』をテーマに、お店こだわりの自家焙煎豆を展開する「Beans Garage Coffee(ビーンズガレージコーヒー)」をご紹介します!

  2. 【飲食店コラボ事例】飲食店×アートで新たな空間づくりに挑戦!!吉祥寺の肉バル『金のバル SALVA-サルヴァ-』でイラストレーターの個展開催中!

  3. 【集客力を上げたい飲食店必見!】飲食店販促物の上手な作り方

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

RELATED

PAGE TOP