フードビジネス・飲食業界のWEBメディア

STORY

【ニューオープン|Pizzeria CARTA 池袋】感激と感動を提供するピッツェリアが登場!

この記事の読了は約4分です。

2023年12月7日、JR池袋駅から徒歩8分の場所に、Pizzeria CARTA 池袋はオープンしました。賑やかな駅前から少し離れた立地で、「ここは本当に池袋?」と思うほど、落ち着いた雰囲気で食事ができるお店です。Tボーンステーキや牡蠣が楽しめる店舗、”CARTA 池袋店”や”CARTA 高田馬場店”の系列店です。

今回は、Pizzeria CARTA 池袋のマネージャー中溝さんに、オープンまでの経緯や苦労した点、こだわりポイントなどを伺いましたので、ご紹介します!

お店のこだわり

まずは、お店のこだわりやオープンまでに苦労した点などをまとめてお伝えします。

感激と感動を提供するお店

Pizzeria CARTA 池袋は、株式会社 Noi companyのレストラン事業です。“出逢えてよかった” そして “感激と感動”を使命に、“Amazing & Impressed ”を理念に掲げています。その想いを持つスタッフが、ただおいしい料理を出すのではなく、どうすれば感動してもらえるのか考え、追求し、チャレンジし続けています。

オープンまでの経緯

既存店のCARTAは、肉料理と老舗の魚屋から仕入れる特大の牡蠣をメインにしたイタリアンダイニングです。このイタリアン業態をもっと多くの人に楽しんでもらうため、ピッツァに特化したCARTAを構想していました。肉や牡蠣以外にパスタやリゾットなども人気が高かったため、今までやっていなかったピッツァを本格的に始めようとしたタイミングで、CARTA 池袋店の目の前の物件が見つかったのです。

オープン準備は1週間という時間がない中でのスタートでした。その貴重な1日目に、シャッターが開かないトラブルや電気が通っていないという問題が発生し、「7日にはオープンできないんじゃないか」という不安があったのだとか。時間がない中、丸1日潰れるのはかなりの打撃でしたが、そんなトラブルを乗り越え、理想のお店を作り上げて、無事にオープン当日を迎えたということです。

オープン時に注力したこと

Pizzeria CARTA 池袋が、オープンまでに特に力を注いだ点は、おいしいピッツァ生地を作ること”だそう。

中溝さんは、調理師の専門学校卒業後、パレスホテルに入社。イタリアン、スペイン、フレンチなどの洋食の経験を積み、オールジャンルの料理に精通しています。4年前には、社長からCARTAを任せたいとお誘いをもらい、CARTA池袋で1年間店長を務めました。その後、マネージャーとして2号店の高田馬場店を立ち上げ、3店舗目のPizzeria CARTA池袋も立ち上げたのです。

中溝さん自らピッツァとは何かを0から学ぶため、イタリア修行もされた先輩シェフに、徹底的にピッツァについて教えてもらったとのこと。元々ピッツァを食べることが大好きで、目標とする軽い食感のピッツァ生地のイメージがありました。

目指したのは、女性でもペロリと1枚食べられてしまうくらい軽いピッツァ生地。お店にあるピッツァ窯で最大限おいしいピッツァが焼けるよう、水分量や塩加減を調整し、試行錯誤の末、今のピッツァ生地に巡り合ったのです。そのお陰でCARTAのピッツァはお客様に大好評。ですが、今後も更なるおいしさを追及していきたいとおっしゃっていました。

内観

Pizzeria CARTAは、落ち着いた空間で食事をしてもらうことを大切にしており、内観にもかなりのこだわりを感じます。オーナーが選んだ数々のアートが目を惹く、他のお店にはない特別な空間で、唯一無二のお店づくりをしています。シンプルでゆったりくつろげる全26席の店内は、ニューヨークテイストのオシャレな雰囲気で、非日常を味わえる空間です。

4名テーブル×4席、2名テーブル×2席、6名テーブル×1席、10名テーブル×1席、2名カウンター×2席という配置なので、デートからグループやお子様連れでの食事、お誕生会やサプライズまで、様々なシーンで利用することができます。

貸切パ―ティも人気

オシャレな店内で本格ピッツァが味わえるということもあり、貸切パーティとの相性もよく、大変人気なのだそう。30名まで予約可能で、幅広い集まりに利用できます。

料理へのこだわり

ここからは、お店で人気の料理についてご紹介します。

ピッツァ

有名ホテルで修行を積んだシェフによるこだわりのピッツァは、注文毎に仕上げており、毎回焼きたてを味わうことができます。定番の味から変わり種まで、季節に合わせたピッツァを楽しめます。ピッツァ生地が重くなくカリカリふわふわで、食材との相性もいいと評判です!

生牡蠣

創業100年の老舗魚屋から毎日仕入れる生牡蠣は、人気メニューの1つ。そのままでもミルキーでおいしいですが、キャビア、いくら、ウニをお好みでチョイスしてトッピングできる、豪華な楽しみ方もあります!生牡蠣は、食べ放題コースも人気です。

Tボーンステーキ

ボリュームがあり、見た目でも楽しむことができるTボーンステーキ。サーロインとフィレを同時に味わえる贅沢なステーキで、とても魅力的です。

ピッツァ含むイタリアンコース

自慢のピッツァだけではなく、前菜やメインディッシュと共に楽しめるコース料理も用意されています。

デザートまでついている上に、頼みやすい価格帯なのが嬉しいです。

今後の展望について

お店作りの根本には「出逢えてよかった」と感じてもらいたい、という熱い想いがあります。そのために、心地よいお店と料理を通して、お客様に「感激と感動」を提供し続けられるお店でありたいとおっしゃっていました。Pizzeria CARTA 池袋の今後の展開が楽しみですね!

お店からのお知らせ

Pizzeria CARTA 池袋では、スタッフを募集中です。株式会社 Noi companyでは、一緒に働くスタッフを大切にしています。お店のコンセプトに共感し、一緒に働きたいと思ってくれる方、歓迎します!

公式サイト:https://noicompany.com/

店舗情報

店名:Pizzeria CARTA 池袋
住所:東京都豊島区池袋2-72-8 池袋笹井ビル 1F
TEL:03-5927-8655
公式サイト:https://noicompany.com/restaurant/restaurant-2005/
公式Instagram:https://www.instagram.com/pizzeria_carta/

系列店

CARTA(カルタ)

CARTAは、Tボーンステーキをはじめとする肉料理と、老舗の魚屋から仕入れる牡蠣をメインに提供するイタリアンダイニングです。高田馬場と池袋に店舗を構えています。高田馬場店は、イギリス家具を中心に、落ち着きがあって上品な空間づくりをしています。池袋店は、NYスタイルの店内で落ち着きのある空間です。
公式サイト:https://noicompany.com/restaurant/restaurant-78/

Inf(インフ)

Infでは、イタリアンや、歴史のある魚屋から仕入れる牡蠣や魚介を活かした、新鮮な料理を提供しています。早稲田店と蔵前店があります。早稲田店はフランスアンティーク&ボタニカルなオシャレな空間で、2024年4月オープン。早大通り入口あたりに店を構えています。蔵前店は、隅田川を間近に感じられるお店で、NYスタイルの空間です。
公式サイト:https://noicompany.com/restaurant/restaurant-2173/


こちらの記事も読まれています。


こちらの記事も読まれています。

【ROD teams】
フードビジネス専門の
総合マーケティング支援
ご相談はこちら ▶︎▶︎▶︎

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
hibana

hibana

フードビジネス応援メディア

【フードビジネス応援メディア】飲食業界の最新情報・飲食トレンド・マーケティング・飲食DX・店舖事例・SDGsという6つのテーマを中心にフードビジネス・飲食業界に特化したビジネス情報を提供をしているメディア。飲食ビジネスの現場で実際に得た知識やノウハウを発信していきます。

  1. 【ROD MARKETING】飲食店のマーケティング・広報業務のサポートサービスをご提案します

  2. 【hibana|フードビジネス応援メディア】7月のおすすめ記事紹介!!(7/13更新)

  3. 【hibana|フードビジネス応援メディア】6・7月のおすすめ記事紹介!!(7/6更新)

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

RELATED

PAGE TOP