注目情報

飲食業界の再盛なるか?Go To Eatキャンペーン活用法まとめ

  • LINEで送る

政府が発行した飲食業界の需要喚起策である『Go To Eat キャンペーン』。
本記事では『Go To キャンペーン』とはどのような内容なのか、飲食店で活用する場合どうすればいいのか、など詳しく解説します。またこちらは確定前の情報の為、最新情報は下記の農林水産省の公式ホームページから情報をチェックしてください。

農林水産省ホームページ:https://www.maff.go.jp/j/budget/r2hosei.html

Go To Eatキャンペーンとは

政府が新型コロナウイルスの感染拡大で影響を受けた観光・飲食・イベント業、商店街に対して行う需要喚起策である『Go To キャンペーン』の中の一つ。他に『Go To Travel キャンペーン』、『Go To Event キャンペーン』、『Go To 商店街 キャンペーン』があります。

※画像引用:国土交通省資料

各キャンペーン概要

1. Go To Travel キャンペーン

旅行需要の喚起を目的とした、旅行業者が販売する旅行のパッケージ商品や、宿泊施設が販売する宿泊プラン等を予約する際に、旅行代金の最大5割を補助する国の観光支援策。(上限:1人1泊あたり2万円/日帰り1人1万円)
補助額は、対象となる旅行代金の最大半額までとなる。

2. Go To Eat キャンペーン

→本記事で解説

3. Go To Event キャンペーン

チケット販売業者などを経由して、期間中のイベントやエンターテイメントのチケットを購入した方を対象に、チケット料金の2割相当の割引またはクーポン等を付与することで、イベントやエンターテイメント業の需要を喚起することを目的とするキャンペーン。

4. Go To 商店街 キャンペーン

商店街等への誘客や、商店街等での購買に繋がるイベントなどの取り組みを支援することにより、商店街等のにぎわい回復を図ることを目的としたキャンペーン。

立地や集客に優れた商店街等において人の流れと街のにぎわいを創り出し、地域経済の活性化および国全体の経済需要喚起を図る。国内全域で1,000件以上のキャンペーン実施を見込んでいる。

Go To Eat キャンペーンとは

※画像引用:農林水産省資料

政府が新型コロナウイルスでダメージを受けた飲食店需要を回復すべく策定した飲食店需要喚起の支援策。飲食店を利用した方にポイント還元などをすることにより、飲食業の需要喚起と地域の再活性化を図る。

「Go To キャンペーン」全体の事業規模は1兆6794億円であるが、そのうち「Go To Eatキャンペーン」の事業規模は約2,003億円と約8分の1程度に見込まれる。

Go To Eat キャンペーンの活用法(来訪客側)

飲食店に来るお客側の活用方法は2種類

  1. オンライン飲食店予約サイトでお店の予約をしたあと、後日ポイントとして受け取る

対象媒体は現在公表されていませんが、主要媒体は抑えておきたいところです。下記に主要のオンライン飲食店予約サイトを記載します。

<主要オンライン飲食店予約サイトの例>

  • 食べログ
  • ぐるなび
  • ホットペッパー
  • 一休レストラン
  • Ozmall(オズモール)
  • じゃらん etc
  1. 2割引相当の飲食券をあらかじめ受け取る

”2割相当分の割引”をあらかじめ受け取り、お店で提示して活用する方法です。1枚額面1,200円のものを1,000円で販売するといった形の食事券が発行されると予想されます。

いつから始まる?Go To Eat キャンペーンのスケジュール

Go To Eat キャンペーンはいつから始まるのでしょうか。
現在は公募前の状況なので、正式な開始時期は公表されていません。新型コロナウイルス感染拡大状況により時期も左右されるでしょう。

本記事でも最新の情報を記載できるよう努めますが、各自情報を取得されることをおすすめします。

最新情報は下記サイトから確認してください。
農林水産省ホームページ:https://www.maff.go.jp/j/budget/r2hosei.html

飲食店が事前にやっておくべきこと

  • 感染症対策をしっかりと行う

新しい生活様式に対応した営業手法に切り替えましょう。従業員のマスク着用や店内の換気を適宜行うことはもちろん、お客様同士が過密になってしまう状況を避ける、消毒用アルコールを店内入り口や各席に設置する 等の対策をしっかりと行いお客様をもてなしましょう。

  • グルメサイトの情報をきちんと整えておく

Go To Eatキャンペーン中は自店のグルメサイトページが多く見られる可能性があります。お店の営業時間などの基本情報をきちんと載せる、綺麗な写真を掲載しておくといった対策をしっかりと行っておきましょう。

注意点

制度の大枠はある程度決まっていますが、Go To Eat キャンペーンの細かな詳細はまだ公表されていません。開始時期も新型コロナウイルスの感染状況次第で大きく変わるでしょう。常に最新情報の取得につとめ、適切な対応を行えるようにしておくことをおすすめします。

  • LINEで送る

新型コロナウイルスの影響でお困りの全ての飲食店様へ。

株式会社ビゴップはこれまで飲食店様のウェブ集客を中心に経営支援を行ってきました。現在はこれまで培ってきた集客ノウハウだけでなく、日々「withコロナ」「アフターコロナ」環境下で飲食店経営を行うための知識と情報を蓄積しております。その情報を多くの飲食店様にご提供することで、今後の経済環境で生き抜くヒントに少しでもお役に立てれば幸いです。

私たちは「飲食店の明日を明るくする」というビジョンのもと、全ての飲食店を応援致します。

無料相談はこちら