マーケティング

【飲食店集客の必須ツール!!】インスタグラムの最新機能と活用方法まとめ

  • LINEで送る

新型コロナウイルス感染拡大以降、SNSの活用方法が変化し、さらに活用するユーザーが増加したように感じられます。特に飲食業界では、インスタグラムを活用し、多くのフォロワー(店舖ファン)を獲得していた店舖は売上を担保できたお店が多くありました。コロナによって消費者の移動が制限された今、繋がりのある店舖が選ばれるのは必然となります。

今後もインスタグラム(SNS)を起点とした顧客接点の拡大は必要になります。一度乗り遅れてしまった店舖も多いかとは思いますが、まだ遅くはないと思いますので、こちらの記事を見てもらい、ぜひインスタの基本活用方法を押さえて頂ければと思います。

Instagramとは?

instagramは、Facebook傘下の写真・動画メインのSNSです。全世界のユーザー数は10億人越え、日本国内のユーザー数も3,300万人を越えています。

特徴

Instagramの特徴は、写真・動画の撮影・編集・共有に特化したSNSになります。映えるコンテンツを多く投稿することで、ユーザーの反応が良い傾向にあります。

強み

自分で撮影した写真を、フィルターや文字入れなどの編集機能を使って写真や動画をおしゃれに加工し、共有できる点が大きな特徴であり、支持される理由になります。ビジュアルでコンテンツを楽しめる手軽さが若い世代を中心に受け入れられた背景があります。

活用すべき理由

ビジネス的な観点から見ると商品・サービスの世界観の共有、ブランディングに適していると言えます。ビジュアルのインパクトによる視覚的な情報アプローチができるところが大きな要素になります。BtoCの商品やサービスのブランドのファンを作るのに特に効果的なツールになります。

Instagram主要機能の紹介

プロアカウント(プロフィール)について

①ユーザーネーム

@とそれにつけ足された特定の文字列で作られる、「Instagram上のアカウント名」の事になります。アカウントを作成するときに設定しますが、後に変更することも可能です。ログインIDとしても使用されます。

②プロフィール写真

プロフィールのメインの写真です。タイムライン上部に表示されるストーリー欄、投稿時やコメントの横に表示されます。インスタグラムのプロフィールページは情報が搾られているため、このようなプロフィール画像のインパクトによってもアクセスしてもらえるかの重要な分岐になります。

③プロフィール欄

他ユーザーに対して自己紹介を行う欄です。他のウェブサイトへのリンクも貼りつけることも可能になります。またハッシュタグも挿入可能になりますので、関連性の高いワードはハッシュタグ設定しておくと良いかと思います。

④フォロー

他人の投稿を購読する機能のことです。他人を「フォロー」することで、その人のポストがタイムラインに表示されるようになります。興味を持ったアカウントは実際にフォローしてみると良いです。

⑤フォロワー

「自分のことをフォローしているユーザー」になります。フォロワー数は自分の投稿を見てくれている、ファンの人数ということになります。インスタグラムに限らず、このフォロワー数を重要指標としてチェックする必要があります。

タイムラインの説明

①タイムライン

フォローしている人の投稿が、アルゴリズムによるおすすめ順に表示されます。年表や時刻表という意味で、メニューバーの一番左のアイコンをクリックすると表示されます。投稿されたコンテンツを見るための基本機能になります。

②ポスト(post)

いわゆる「投稿」のことです。上部にある「+」ボタンを押すことで、投稿機能を立ち上げることができます。その中から「投稿」を選択し、写真や動画を投稿できます。この機能を活用することでタイムラインに投稿することができます。

③お知らせ

最近自分のアカウントをフォローしてくれたユーザーや、自分の投稿に「いいね」してくれたユーザー、自分がタグ付けされた投稿の一覧を時系列で確認できます。左にスワイプすると、自分がフォロー中のユーザーが最近「いいね」または「フォロー」した投稿の一覧も確認できます。

④いいね

投稿に好意的な気持ちや共感を伝える機能です。

⑤コメント

投稿に関して自由なコメントを投稿できます。@を使えば他ユーザーをコメント内にタグ付けすることができ、タグ付けされた人には③お知らせ機能を通じて通知が行きます。

⑥保存

気に入った投稿を保存し閲覧できます。ここで保存したものは他のユーザーとは共有されず、自分にしか閲覧できないシステムになります。

⑦キャプション

「ポストの説明文」のことです。ポスト画面において、ユーザーネームの右側に配置されます。ここにハッシュタグを埋め込むこともできます。キャプション内に埋め込めるハッシュタグは30個になります。それ以上のハッシュタグを埋め込むとキャプション蘭が空欄で投稿されてしまうため、注意が必要になります。

ハッシュタグに関しては、最大30個を最大限活用することをおすすめします。ただ、選定に時間がかかってしまうと、重要となる継続的な投稿ができなくなってしまう可能性もありますので、事前に候補となるハッシュタグをメモし、コピペとちょっとしたカスタマイズで対応して行くことをおすすめします。

投稿機能(通常投稿/ストーリー/リール/IGTV/まとめガイド)

通常投稿

これまでに投稿してきた写真、および動画が表示されます。新しいものから順に、下へ行くほど古い投稿が並んでいます。アカウントトップページのデザインイメージにも影響を及ぼしますので、「世界観」を意識して、統一感のある投稿を行って行くことがインスタグラムでは必要になります。

ストーリー

タイムラインとは別に、24時間で消える写真や動画を投稿できる機能です。ストーリーが24時間以内に投稿されていると、アイコンの周りが虹色になります。タイムラインの画面上部にあるストーリー欄から、自分のサムネイルをタップし、投稿することができます。

現在のインスタグラムではこちらのストーリー経由で他のユーザーに見られることが増えています。そのため、通常投稿だけでなく、ストーリーも必ず活用することをおすすめします。

ハイライト

通常は24時間で消えてしまうストーリーですが、残しておきたいストーリーを組み合わせ、プロフィール上に保存できるのがハイライト機能です。ユーザーはハイライトをタップすれば、保存されたストーリーをまとめて閲覧できます。ハイライトのコンテンツはプロフィールページすぐ下に表示され、とても見られやすいUIになります。ぜひストーリーと合わせて、活用していきましょう。

リール

2020年8月に追加された機能で、音声や映像エフェクトといった豊富な編集ツールを使用し、最長30秒の短尺動画を作成できます。リールを使えば、TikTokなどで定番の人気コンテンツになったリップシンク動画などを簡単に作成可能です。近年、動画コンテンツの注目度が高まっていますので、飲食店に関しては、料理のシズル感などをリールを活用して投稿するとよいbです。

IGTV

最大60分の縦型の長尺動画を共有できる機能です。独立したアプリもあります。動画にURLリンクや説明文、ハッシュタグを設置し、他サイトへ遷移させることもできるので、マーケティングツールとしても使用可能です。飲食店ではまだまだ積極的に使用している店舖が少ないため、活用の伸び代はあると思われます。

まとめガイド

Instagram上にシェアされている投稿を選び、タイトルや文章を添えておすすめのコンテンツとして紹介できる機能になります。興味のあるものをストックして、見返すことができるキュレーションサイトのような機能になります。

そのほか

ライブ配信

リアルタイムでフォロワーに対して動画を配信できる機能です。別アプリや配信機材などは必要なくスマートフォン1台で手軽に配信でき、配信開始するとフォロワー全員に通知が届きます。また、動画視聴者から配信者にコメントを送る機能があり、視聴者と配信者間でコミュニケーションをとりながら配信できるところもポイントです。

ショップ

ECサイトで販売されている商品を閲覧できる機能になります。アパレル用品、雑貨など様々なオンラインショップの商品を閲覧することが可能になります。飲食店としてECサイトを今後行う場合にはしおうしておいきたい機能の1つになります。

Instagramの活用ポイント

分析

インプレッション数

すべての投稿が表示された合計回数。閲覧者が投稿を目にした回数のことです。

リーチ

投稿を見たユニークアカウント数です。同じ人が2回投稿を見た場合でも、リーチとしては「1」になります。

エンゲージメント(アクション数)

投稿に「いいね」「コメント」「フォロー」「保存」などのエンゲージメント(アクション)をしたユニークアカウント数です。エンゲージメント率が高いとブランドや商品に対する好意度が高い傾向にあります。

プロフィールビュー

プロフィール画面の閲覧数のことです。

簡単な分析にはなりますが、どのような投稿が多くの人に見てもらえているのかをこちらの分析機能を活凹し、モニタリングする必要があります。それにより、より効率的によい投稿を増やし、フォロワー獲得への近道になります。

Instagramの飲食店マーケティング事例

照寿司

インパクトのある店主が特徴の寿司屋のアカウントになります。決めポーズを初め、お店と店主の独特の世界観が表現されており、ついつい気になってしまう内容が人気の秘訣かもしれません。

https://www.instagram.com/teruzushi/

ミスターチーズケーキ

チーズケーキ専門店のインスタアカウントになります。チーズケーキをさまざまな形でデザイン性高く表現されています。投稿されている内容は見ていて気持ちがよいのが特徴です。

https://www.instagram.com/mr.cheesecake.tokyo/

シェイクシャック

ハンバーガー専門店のアカウントになります。ハンバーガーを起点にさまざまなシーンごとに美味しそうハンバーガーが登場するのが特徴です。これだけ美味しそうなハンバーガーを見せられてしまうと、食べたくなりますね。

https://www.instagram.com/shakeshackjpn/?hl=ja

まとめ

今回、インスタグラムの基本機能や事例についてご紹介しました。インスタグラムが登場してから10年が経過し、今や誰もが使用するサービスになりました。さらに、写真から動画までさまざまな表現方法が追加され、日々進化しています。またビジネスのマーケティングツールとしても欠かせない存在になりました。飲食店にとっても、ユーザー(将来のお客様)とつながる重要な接点となりますので、使わないことによるデメリットはほぼありません。・これからに時代はSNSを制するものがビジネスを制すと言っても過言ではありません。ぜひ、この機会にインスタグラムを理解し、使い込んでみることをおすすめ致します。

飲食店の販促物制作支援サービス『Recourse PHOTO』&『Recourse DESIGN』

飲食店専門の主張写真撮影サービス『Recourse PHOTO』



飲食店専門のデザイン制作サービス『Recourse DESIGN』



飲食店のマーケティングを支援する「株式会社ビゴップ」では、飲食店で必要とされる「ポスター」「チラシ」「メニュー」を中心とした販促物の制作支援をおこなっております。ウェブマーケティングが主流となりつつも、実店舖である飲食店ではまだまだ紙媒体や店舖での販促も重要となります。

弊社では、重要な素材となる写真撮影から、デザイン制作、印刷までワンストップでご提供しております。各店舗様のお悩みに沿った販促物をご提案することも可能になりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

店舖様のマーケティング強化をご支援いたします。

サービスの詳細はこちら

SEARCH

hibanaメルマガ

コメントを残す

*