フードビジネス・飲食業界の最新情報サイト

NEW POST

飲食トレンド

【2024年最新スイーツ】東京でお勧めのスイーツ店の新店舗・スイーツブランドの人気店9選

この記事の読了は約5分です。

話題のパティシエによる新店舗や、他と異なるコンセプトのあるスイーツを提供しているなど、2024年に注目されているスイーツブランドはたくさんあります。この記事では、人気のスイーツ店の新店舗や、話題のスイーツブランドのECサイトについての最新情報をお届けします。各スイーツブランドの「人気の理由」についてもまとめているので、ぜひご覧ください。

飲食店マーケティング支援|RODteams

話題のスイーツブランドが人気の理由

スイーツブランドというと、歴史ある店舗を思い浮かべる人も多いでしょう。歴史のある店舗のスイーツは、馴染みのある間違いない味わいで、日常に定着しています。では、最近話題の店舗が、人気の理由は何でしょうか。まずは、スイーツブランドに人気が出る理由についてみていきましょう。

独自のスイーツを提供している

話題のスイーツブランドが人気の理由の1つは、独自のスイーツを提供していることです。独自の味や見た目、特別な食材を使用していることなどが、お客様の興味を引きつけます。これにより、他のブランドとの差別化ができ、そのブランドだけの特別なスイーツを求めるお客様が増えていくのです。

SNSを活用している

昨今では、SNSはスイーツブランドにとって非常に重要なマーケティングツールとなっています。SNSを活用することで、ブランドの知名度を高め、お客様と積極的にコミュニケーションが取れます。そうすることで、新規のお客様を獲得することができるのです。

また、SNS上で美しい写真や魅力的な動画を見て、そのスイーツブランドの商品に興味を持つ人もいるでしょう。さらに、SNS上でのシェアやタグ付けがされることによって、口コミ効果も高まります。そのため、SNSを積極的に活用することは、スイーツブランドの人気に繋がるのです。

注目のスイーツブランド|実店舗編

今注目のスイーツブランドには、どのような店があるのでしょうか?ここからは、独自のコンセプトがあるスイーツや、有名なパティシエによるスイーツが食べられるなど、注目のスイーツブランドの実店舗をご紹介します。最近人気の実店舗が人気の理由も見つかるかもしれませんよ。

PAYSAGE

PAYSAGEは、2021年のブランド立ち上げから、店舗を持たずに全国各地での催事を中心に展開してきました。数々の有名店でシェフパティシエをされてきた、江藤英樹さんのお店です。そんなPAYSAGEが、2024年2月、代官山に実店舗をオープンしました。

PAYSAGE代官山本店は、生菓子と焼き菓子を豊富に扱うブティックがあるだけでなく、店内でアフタヌーンティーやアシェットデセールも味わえる贅沢なお店です。1階がブティック、サロン・ド・テ、2階にシェフズテーブルがあります。こちらのスイーツブランドの「幸せや喜びに寄り添う、至高のお菓子を。あなたの時と共に」というコンセプトを思う存分体感できる作りになっています。

公式サイト:https://paysage-he.com/

バニラージュ

バニラージュはクラウドファンディングで688%を達成した、バニラスイーツ専門のスイーツブランドです。

幼い頃から多くの人が親しんできた”バニラ”というフレーバーですが、本物の香りを知る人は少ないのではないか、という点に着目しています。そして、本物のバニラの特徴を活かしたスイーツを作ったのです。

バニラージュのお菓子に使われるバニラは、バニラの王様と呼ばれる”マダガスカル産ブルボンバニラ”の中でも最高級のグレードAのAMPIANA VANILLA。このバニラは、農薬や化学肥料は一切使っておらず、アメリカのオーガニック認証を受けたものです。こだわりの素材と確かな技術で、本物のバニラを味わえるスイーツを提供しています。

公式サイト:https://store.wakaoseika.co.jp/pages/vanillage

snaq.me stand(スナックミースタンド)

スナックミースタンドは、お菓子のサブスクリプションサービス「snaq.me(スナックミー)」の実店舗です。清澄白河店に続く、2店舗目の蔵前店は、2024年2月にオープンしました。フィナンシェケーキやドリンクを販売しています。

清澄白河店は、スナックミーで取り扱っている人気のおやつを販売していますが、蔵前店は、オンラインストアでは難しかった”できたてのおやつ”を提供することにこだわったスタンド形式のお店です。この実店舗は、新規のお客様がスナックミーのサービスを知るキッカケにもなるでしょう。

公式サイト:https://stand.snaq.me/

大三萬年堂HANARE

大三萬年堂HANAREは、兵庫県に本店がある江戸中期創業の和菓子屋「大三萬年堂」の新ブランドです。2019年に東京・淡路町にオープンしました。大三萬年堂の歴史を大切にしながら、和洋折衷・温故知新をテーマに、和スイーツを提供しています。大三萬年堂13代目で和菓子・ネオ和菓子専門家の安原 伶香さんが、メニューも開発しているのだそう。彼女が作り出す華やかで写真映えもする和スイーツは、見た目の美しさだけでなく、美味しさへのこだわりも感じられます。

公式サイト:https://d3hanare.tokyo/

DOLCE TACUBO CAFFE

話題のスポット虎ノ門ヒルズに昨年オープンした「DOLCE TACUBO CAFFE」は、星付きコース料理の感動を味わえる場所

代官山にある「DOLCE TACUBO」は、ミシュラン星付きのイタリアンレストラン「TACUBO」が手がけるパティスリーで、この「DOLCE TACUBO CAFFE」は、イートインスペースがあるカフェ業態です。焼き菓子の販売以外に、テイクアウトメニューや、カフェ限定の季節のドルチェなどが味わえます。こだわりの素材で、原価にとらわれず作り上げられるスイーツを、最高の状態で提供しています。

公式サイト:https://d-tacubo.com/

注目のスイーツブランド|EC編

コロナ禍の影響で、”おうち時間を楽しむ”という時間の過ごし方をする人も増えました。インターネットで買えるスイーツは、手軽にお店の味を味わえるため人気で、数も多くあります。今回は、その中でも話題の、ECスイーツブランドをご紹介します。

&Mel

”ヘルシーでも幸せになれる魔法のようなスイーツ”を販売する&Melは、EC限定のスイーツブランドです。SNSの総フォロワー数が130万人以上の人気ダイエッターがプロデュースしています。こちらで販売するスイーツは、毎週数分で完売するほどの注目度。5万人以上のフォロワーがいる公式インスタグラムでは、次回の再販予定時間も確認できるようになっています。

食物繊維たっぷりの米粉ベーグルや、米粉クッキー、糖質70%カットのティラミスなど、健康に気を使っている人が美味しく食べられる、豊富なラインナップが魅力です。

公式サイト:https://www.andmel.jp/

Chat LuuME

「Chat LuuME」は、パティシエ数人で運営している、オンラインパティスリーブランドです。こちらで取り扱う焼き菓子やケーキなどは、美しく繊細な仕上げのものも多く、このクオリティのものが冷凍で自宅に届くのは驚きです。

「パティスリーに入った時のような感動をお家にいながらも体験できるようにしたい。」というコンセプトの通り、公式サイトを見ているだけでワクワクするカラフルなスイーツが揃っています。

公式サイト:https://chat-luume.com/

しろいし洋菓子店

しろいし洋菓子店は、複数のスイーツブランドを展開する「BAKE」が、昨年オープンしたECのスイーツブランドです。

こちらの公式サイトがとても独創的で、見ているだけで楽しい作りになっています。架空のパティスリーと名付けられている店舗で販売するスイーツにはそれぞれ、文学的なキャッチコピーが付いていたり、エピソードがあるなど、ストーリー性があります。通販でも、楽しみながら商品を選べるのが嬉しいですね。

公式サイト:https://shiroishi-yougashiten.com/

This is CASSATA.

「This is CASSATA.」は、イタリアンチーズケーキ”カッサータ”の専門店です。「もっと日本人の味覚にあった美味しいカッサータができないか」という想いから、こちらのお店のカッサータを作り上げました。This is CASSATA.のカッサータは、冷凍・半解凍・全解凍という3つの温度変化全てで美味しく食べられるようになっています。スイーツトレンドとしてたびたび目にする”カッサータ”を専門に扱うECブランドなので、今後も注目されるでしょう。

公式サイト:https://lit.link/thisiscassata

まとめ

  • ECのスイーツブランドは、実店舗にはない手軽さも人気の理由
  • オリジナリティのあるコンセプトやスイーツ作りが話題性に繋がる

実店舗はライブ感を味わえること、ECはその手軽さも魅力の1つです。そして、どちらの業態でも、オリジナリティのあるコンセプトやスイーツ作りが店舗の人気に繋がると言えるでしょう。実際に人気のある店舗が人々を惹きつけるポイントを探って、お店作りに活かしていきたいですね。


こちらの記事も読まれています。


こちらの記事も読まれています。

【ROD teams】
フードビジネス専門の
総合マーケティング支援
ご相談はこちら ▶︎▶︎▶︎

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

RELATED

PAGE TOP